廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 単行本
  3. 物の怪と龍神さんが教えてくれた大事なこと

単行本

物の怪と龍神さんが教えてくれた大事なこと

著者名:
杉山響子
定価:
本体1400円+税
出版日:
2020/03/14
判型:
四六判
ISBN-13:
9784331522837
ジャンル:
自己啓発・心理

女優の室井滋さんも推薦!
「そう遠くない将来、知って逝くのと、知らずに逝くのじゃ違うぞ〜。この本を読んで、つくづく思った」


霊の通り道である「霊道」にある家に住み、
にわかには信じがたい「怪奇現象」を数々体験。
そんな経緯から、「霊能者」と言われるあらゆる人々と交流を持つことになった著者が、
最後に行きついた「龍神」からの啓示とは!?

誰もが一度は「妖怪」や「物の怪」が出てくる物語を
読んだことがあると思います。
そして多くの人は、それを「物語の世界」だと信じ、
自分には関係のない世界、身近には起こり得ないことと、
思っているでしょう。

でも、実際には違います。
私たちが生きる現実のすぐ近くに、そんな世界は存在しています。
それは、怒りや嫉妬、欲望や迷いなど、
荒れた私たちの心の姿かもしれません。

本書では、
・逝きたいのに、逝けない人たち
・「あの世」とは、どんなところなのか
・「憑き物」は落とすより、寄せ付けないほうがカンタン
・生きたまま「あの世」に行った日
・波動を上げる5つの条目
・龍神さんの「パシリ」を仰せつかる
・「パワースポット」で突きつけられる神の怒り
・SFとスピリチュアルのはざま
・なにからなにまで「借り物暮らし」の私たち
・私たちに語りかける木や石たち
・「悪」とはいったいなんなのか ・行動より重要な「波動」の質
などのほか、
作家の佐藤愛子さんの実子である著者が、佐藤家の「血脈」の秘密にも触れながら、
身近な人や印象的な出来事、さりげない時間が、
実はとても深い啓示が含まれていると気づける1冊です。

第1章 あの世への行き方
第2章 時間の止まった者たち
第3章 神々の黄昏
第4章 私たちは何者なのか
第5章 笑って明日と迎えるために


【著者プロフィール 】

杉山響子 1960年生まれ。玉川大学文学部卒。 母・佐藤愛子、祖父・佐藤紅緑、叔父・サトウハチローという家系に生まれるが、ものを書くことにも、読書にも関心はなかった。子どものころ、父親が会社を倒産させ離婚。母一人子一人という環境で育つ。昼も夜もなく修行僧のように書き続ける母の背中を見て「作家にだけはなりたくない」という思いを抱く。しかし2008年、突如、不安神経症とパニック障害を発症。数か月に及ぶ症状だったが、この時に友人に筆をとることを勧められる。それをきっかけにブログ「のろ猫プーデルのひゃっぺん飯」を書きはじめる。 読者が増えるにつれ、次第に「書く」ということに関心が湧き、今現在はわかりやすく、かつ心に響く文章で注目を集めている。 2015年より、 幼少のころから人には見えないものを視て育った霊視カウンセラー 尚との座談会「あの世のお話会」を不定期開催。 2018年11月、初の戯曲『見えない同居人』を上演。 ブログ「どら猫プーデルのひゃっぺん飯」がある。

物の怪と龍神さんが教えてくれた大事なこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:単行本

単行本の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る