廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 単行本
  3. お会式の夜に

単行本

お会式の夜に

著者名:
黒野伸一
定価:
本体1400円+税
出版日:
2019/08/14
判型:
四六判
ISBN-13:
9784331522530
ジャンル:
文芸・小説

「限界集落株式会社」の黒野伸一が描く、(たぶん)史上初のお会式小説!

内容紹介

「すみません。おえしきって何ですか」

池上(東京・大田区)のお寺に全国から30万人が集まる盛大なお会式。
その小ぢんまりとした門前町に越してきた失業中の女子・美咲。そこで出会うシャイだけど温かな地元民と、新しく住みついて戸惑う「新住民」。様々な思いや行き違いが、お会式の夜に氷解してゆく。

「限界集落株式会社」の黒野伸一が描く、(たぶん)史上初のお会式小説!

【あらすじ】
毎年10月に池上本門寺で行われるお会式は、日蓮上人入滅の法要です。当日には、全国から30万人もの人々が集まり、池上は、盛大なお祭り空間と化します。
この小ぢんまりとした門前町に越してきた美咲は、古くからくず餅の商売を商う老夫婦、飲み屋横丁に集う人々、美咲同様に新しくこの町に住みついた「新住人」、そして池上本門寺の子院である本妙院の住職と知り合い、すこしずつ、この観光化されていない、含羞に満ちた門前町に自分の居場所を見つけていきます。

著者について

黒野伸一(くろの・しんいち) 一九五九年、神奈川県生まれ。『ア・ハッピーファミリー』(小学館文庫化にあたり『坂本ミキ、14歳。』に改題)で第一回きらら文学賞を受賞し、小説家デビュー。過疎・高齢化した農村の再生を描いた『限界集落株式会社』(小学館文庫)がベストセラーとなり、二○一五年一月にNHKテレビドラマ化。近著に『脱・限界集落株式会社』(小学館)、『となりの革命農家』(廣済堂出版)、『長生き競争! 』(廣済堂文庫)、『国会議員基礎テスト』(小学館)、『AIのある家族計画』(早川書房)、『グリーズランド1 消された記憶』(静山社)など著書多数。

お会式の夜に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:単行本

単行本の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る