廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 単行本
  3. 家族と迎える「平穏死」

単行本

家族と迎える「平穏死」

「看取り」で迷ったとき、大切にしたい6つのこと

著者名:
石飛幸三
定価:
本体1400円+税
出版日:
2014/03/20
判型:
四六判
ISBN-13:
9784331518182
ジャンル:
美容・健康

「このままでは危険です」と言われたらどうしますか?介護現場の「声」から見えてくる、何もしない洗濯は、美しい最期

今や「4人に1日が老人」の超高齢社会、世界一の長寿国の日本。
認知症患者は300万人、予備軍は400万人を超えるといわれています。
誰もが、遠からず迎える介護と看取り。
そのとき、家族が直面するのは「このままでは危険です」と言われたとき、どうするか? 

特別養護老人ホーム「芦花ホーム」の看護師、介護士、生活相談員、理学療法士、管理栄養士、歯科衛生士などが、
豊富な知識と経験を経てたどり着いた、「平穏死」に向かうための介護と看取りの心得とは。

介護とは、たくさんの選択を迷い続けて、看取りに至るまでのプロセスです。
「する」ことと「しない」ことの選択のヒントを、わかりやすく紹介しています。
平穏死は、美しい最期。
それこそが、家族みんなが後悔しない選択ではないでしょうか。

おもな内容について
◎高齢者の身体機能に「V字回復」はない
◎生きるために、飲まなければならない薬はない
◎胃ろうをつけても誤嚥性肺炎になる事実
◎老人の体をいじめる「水分」と「栄養補給」
◎唾液を出やすくする「健口体操」
◎「救命」が「延命」にすりかわる
◎家族の「情」が本人を苦しめる
◎「何もしない選択」こそ、きれいな最期
◎家族を癒す看取りとは ……など。

第1章 介護がはじまるとき
第2章 高齢者の体で起きていること
第3章 食べることは、生きること
第4章 迷い続ける延命の選択
第5章 「終の住処」はどこがいい?
第6章 いのちの最期に寄り添う看取り

「みんなが救われる看取りの革命書です! 」近藤誠医師も推薦!

家族と迎える「平穏死」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:単行本

単行本の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る