廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 新書
  3. 東京新聞の「筆洗」

新書

東京新聞の「筆洗」

~朝刊名物コラムで読み解く時代の流れ~

著者名:
瀬口晴義
定価:
本体800円+税
出版日:
2015/03/31
判型:
新書判
ISBN-13:
9784331519271
ジャンル:
社会・政治

2009年秋以降から厳選採録156本!立ち止まって考えませんか?原発、憲法、戦争と平和

東京新聞朝刊一面のコラム「筆洗」を2009年8月から4年間担当したのが現・社会部長の瀬口晴義氏。日本社会はこの間まさに激動期だった。1000本弱に及ぶ「筆洗」原稿の中から本人が厳選し、東日本大震災を原点とし、現政権や保守層から“左傾新聞"と疎まれながら一貫して変わらぬその記述を採録する。 主な採録原稿 〇天皇の政治利用 〇東日本大震災マグニチュード9の衝撃 〇「FUKUSHIMA」の刻印 〇地震の後には戦争がやってくる 〇自衛隊が“日陰者"であり続ける国家の幸福 〇「国を愛せ」と国が言う 〇「集団的自衛権」まやかし戦争に荷担の危うさ 〇坂本一家殺害事件から20年、オウム真理教と日本社会 〇憲法は国民が国家権力を縛る道具 〇高倉健の忍ぶ人生 全156編

東京新聞の「筆洗」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:新書

新書の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る