廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 新書
  3. バラエティ番組化する人々

新書

バラエティ番組化する人々

あなたのキャラは「自分らしい」のか?

著者名:
榎本博明
定価:
本体800円+税
出版日:
2014/09/22
判型:
新書判
ISBN-13:
9784331518694
ジャンル:
自己啓発・心理

そのキャラのままでいいの?お約束のやり取りから脱し、自分らしさを獲得する方法とは?

今や、バラエティ番組隆盛の時代である。
芸人のやり取りに爆笑し、難しいことは考えずに、楽しめるからだ。
「キレキャラ」「ボケキャラ」「Mキャラ」…など、 さまざまなタイプの芸人が登場し、
そのキャラに則ったお笑いを展開する。 そしてそこには笑いだけではなく、「お約束通り」という安心感もある。
お笑い好きの方々にはすでに周知の通りだが、
ひとつの番組に同じキャラは存在しない。 キャラがかぶっていると、MC(司会者)も芸人をイジりにくいのだろう。

このような「バラエティ番組の構造」が、
いま、まさに若者たちの間でも展開している。
それぞれがキャラをもち、それぞれがグループ内での会話を盛り上げようと、
自分のキャラをまっとうしている。
そこには、「次に何を話そう…」「どう盛り上げよう」「何を話しかけよう」など、
相手に気を遣わなくてもいいという気楽さがある。
人間関係をラクにするのが、キャラなのだ。

けれども、そのキャラに縛られる人たちもいる。
「私はそんなキャラじゃない! 」
「こんなキャラは自分じゃない」
そう感じる根底には何があるのか。
本書はそれこそが「自分らしさ」の発見への1歩であることを紹介している。

キャラは、無難にその場をやり過ごすために必要である一方で、
借り物の個性でもあるため、息苦しさを感じるのだ。
「キャラ」と「自分らしさ」をめぐる心の問題を心理学者が徹底分析! 

第1章 武器としての「キャラ」
第2章 キャラが生み出す安心と葛藤
第3章 その場にふさわしいキャラを生きる
第4章 「自分らしさ」がわからない
第5章 キャラをヒントに「自分らしさ」をつくっていく

バラエティ番組化する人々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:新書

継投論

著者名:
権藤博/二宮清純
定価:
本体850円+税
出版日:
2017/11/30
継投論

新書の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る