廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 新書
  3. わが子を「メシが食える大人」に育てる

新書

ファミリー新書001
わが子を「メシが食える大人」に育てる

著者名:
高濱正伸
定価:
本体800円+税
出版日:
2010/07/20
判型:
新書判
ISBN-13:
9784331514733
ジャンル:
教育

子育て力UP!

子育ての最終的な目的はたったひとつ。経済的、社会的、精神的に自立した「自分でメシを食っていける大人」にすること。そのためには、「ことばの力」「自分で考える力」「想い浮かべる力」「試そうとする力」「やり抜く力」という5つの基礎力を、10歳前後までの時期に育むことが大切。それが受験や社会に出てからのさまざまな苦労を自分で乗り越え、より幸せな将来を生きていくためのパスポートを手に入れることになる。では、それぞれの力が社会人としてメシが食える力にどう結びついているのか、どう育めばいいのか? 「情熱大陸」(毎日放送・TBS系)にも登場した『算数脳パズル なぞぺー』などで著名なカリスマ塾講師、花まる学習会代表の著者が、子どもを絶対ニートにしない方法を丁寧に解説します。

<本書の主な内容>
第1章 「メシを食っていける力」が危ない!
第2章 ことばの力――すべての学力と知性のベース
第3章 自分で考える力――思考のエンジンをぐんぐん回す
第4章 想い浮かべる力――魅力的な大人にするために
第5章 試そうとする力――人生を切り開いていく底力
第6章 やり抜く力――力強く、たくましく生きるために!
【付】 メシが食える力と受験突破力

<著者紹介>
高濱正伸
タカハマ・マサノブ
1959年熊本県生まれ。東京大学・同大学院修士課程修了。1993年、同期の大学院生たちと小学校低学年向けに「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を重視した学習教室「花まる学習会」を設立。長年取り組んできた野外体験のサマースクールや雪国スクールは人気が高く、生徒以外の申し込みも多い。さらに、生徒の父母向けに行っている講演会は毎回、キャンセル待ちが出る盛況ぶり。算数オリンピック委員会理事も務める。著書に、『考える力がつく国語なぞぺー』(草思社)、『中学受験合格パスポート』(学研)、『小3までに育てたい算数脳』(健康ジャーナル社)、『「生きる力」をはぐくむ子育て』(角川SSコミュニケーションズ)、『孤母社会 母よあなたは悪くない』(講談社)、『国語の力を親が伸ばす』(カンゼン)など多数。

わが子を「メシが食える大人」に育てる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:新書

新書の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る