廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 新書
  3. 2045年問題

新書

2045年問題

コンピュータが人類を超える日

著者名:
松田卓也
定価:
本体800円+税
出版日:
2012/12/22
ISBN-13:
9784331516836
ジャンル:
一般教養・雑学

米国防省やEUが人工知能開発に巨額予算を投じる真意とは?

2045年にコンピュータの能力が人類を超えるという説がある。 実際に、近年のコンピュータの進化はその説に沿っており、またいま欧米では人工知能開発に一層の拍車がかかっている。 意識を備えたコンピュータが人類を支配するという映画『マトリックス』などのようなSFの世界が、現実になるかもしれないのだ。 コンピュータと人類の未来を展望する。

松田卓也 
1943年3月12月生まれ。
宇宙物理学者・理学博士。神戸大学名誉教授。元日本天文学会理事長。
コンピュータ創世記である1960年代から、大型コンピュータを駆使した数値シュミレーションを行い、
京都大学や神戸大学でコンピュータ関連施設の運営委員を歴任するなど、コンピュータの最先端事情に詳しい。
主な著書に『これからの宇宙論――宇宙・ブラックホール・知性』(講談社ブルーバックス)、)、
『正負のユートピア――人類の未来に関する一考察』(岩波書店)、
『新装版 相対論的宇宙論――ブラックホール・宇宙・超宇宙』(共著、講談社ブルーバックス)、
『時間の本質をさぐる――宇宙論的展開』(共著、講談社現代新書)、
『タイムトラベル超科学読本』(監修、PHP研究所)など。
 
 
2045年問題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:新書

新書の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る