廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 単行本
  3. お母さん、年末、実家に帰らなければダメですか?

単行本

お母さん、年末、実家に帰らなければダメですか?

もっとラクに! もっと自由に! ワクワク輝いて生きるために大事なこと

著者名:
心屋仁之助
定価:
本体1300円+税
出版日:
2018/07/26
判型:
四六判
ISBN-13:
9784331521663
ジャンル:
自己啓発・心理

親孝行はしなくていい? あなたの人生は、「お母さんとの関係」によって、つくられている!

お母さんとの関係に、ちょっと疲れている人はいませんか?
なんだかイライラする。
まるで私のことを理解してくれない。
自分の意見を押しつけてくる。
結局、いつもお母さんの言いなりなってしまう……。
だから、お母さんと一緒にいるのが面倒! 
そして、年末の4日間さえも、実家に帰りたくない、と思ってしまう。

そして知らない間に……。

お母さんにやさしくできない私はダメな娘。
もっとお母さんと仲良くしたいのに、なぜできないの?
お母さんともっといろんな話をしたいのに、素直になれない。
私は「親不孝」かもしれない……。
と、自分を責めてしまう。

本書では、こんな「お母さん問題」に対して、
「親孝行はしなくてもいい」と提案します。

「親孝行をしなくてもいいなんて、あり得ない! 」
「親を大切にするのは当たり前」
たくさんの人は、それが「常識」だと思うでしょう。
でも、「お母さん問題」の根っこには、
そう思う心が、「原因」になっていることが多いのです。

そして、そういう心を抱えていると、「恋愛」「人間関係」「お金」などにも、
影響を及ぼします。
・恋愛が長続きしない。
・人間関係に疲れる。
・お金に困っている。
などなど……。

もし、毎日を心から楽しめない、悩みが多く憂鬱、最近疲れ気味、つくり笑顔ばかりしてしまう、
理由もなくイライラする……。
そう感じていたら、
あなたは真に、自分の人生を生きていないのかもしれません。

見ないフリ、気にしないフリをしていた「お母さん問題」が解決できたら、
自由に、ラクに、輝いて自分の人生を生きはじめることができます。

「どうしてお母さんとは、関係ないことまで、うまくいくようになるの?」

本書でその不思議な奇跡を体験してみてください。

第1章 お母さん、年末、実家に帰らなければダメですか?
~~「親不孝」を恐れなくてもいい

第2章 お母さんのこと、本当は嫌いかもしれない! 
~~常識よりも自分の「好き」を大事にする

第3章 もしかして私、愛されてない?
~~「ない」を前提にするから愛がない

第4章 「お母さん、ありがとう! 」って心から言える私になる! 
~~「私だから、価値がある」。自分を認めて愛に気づく。

第5章 好きなことをして生きる、最強の人生! 
~~自分の価値を手に入れたとき、自分の人生を生きはじめる

お母さん、年末、実家に帰らなければダメですか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:単行本

単行本の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る