廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 単行本
  3. ふつうのサラリーマンがもっとハッピーになる不動産投資の授業

単行本

ふつうのサラリーマンがもっとハッピーになる不動産投資の授業

はじめの一歩を踏み出す一冊

著者名:
大河原雄剛
定価:
本体1500円+税
出版日:
2016/11/02
判型:
四六判
ISBN-13:
9784331520536
ジャンル:
マネー

一歩踏み出すリスクより、何もしないリスクのほうが大きい! 大河原式「大枠メソッド」で、不動産投資の概念が変わる!

サラリーマン大家さんを応援する不動産投資コンサルティング会社を経営する著者が、知識も資金もない普通のサラリーマンが多額の融資を受け、不動産投資でもっとハッピーな人生を選択する方法を伝授。安全かつ大胆な一歩を踏み出す画期的ノウハウとは? 人生の現在地と目的地を明確にし、「大枠」でとらえる大河原式「大枠メソッド」で、不動産投資の概念が変わる!

実際に売った人(著者)×実際に買った人(年収が高い人、低い人)

対談形式で生の声を届けます!

 この本で分かる7つのポイント

・ハッピーを得るために必要なこと
・不動産投資はローリスク・ミドルリターン
・あなたが受けられている融資先と条件
・今ならできる短期勝負の倍々投資法
・年収が低くても着実にステップを踏む方法
・プロだけが知る物件選びのポイント
・リスクは潰せる!――その考え方と方法

不動産投資がブームを呼び、たくさんの本が出ています。多くの本に出てくるのは、努力を重ねて特別な物件を手にした方の成功談に基づいた指南か、どうやったら安い金利で融資が受けられるかといった話ですが、本書はちょっと違います。「うまくやればこんなに儲かるから、やりませんか」と煽るのではなく、「ふつうのサラリーマンがふつうに不動産投資の一歩を踏み出せば、今なら不動産投資で安全に資産収入をつくることができます」ということを丁寧に解説した本です。 著者の大河原さんは自らも不動産投資を行いながら、賃貸物件のオーナーさんになりたいサラリーマンを応援している若くて頭のいい不動産会社の社長さんです。[mensa]という上位2%のIQ保持者しか人しか入れない会の会員でもあって、その頭脳から生み出されたメソッドもたくさん掲載されています。 「不動産投資」と聞いただけで恐い感じがしてなかなか一歩を踏み出せないでいる方は多いと思いますが、そうやって何もしないでいると、将来いかにリスクを背負うことになるか、それに比べたら不動産投資のリスクは小さいということも分かりやすく教えてくれます。安心して一歩が踏み出せる不動産投資の授業の一冊です。


大河原雄剛 おおかわら ゆうごう
1976年生まれ。中央大学商学部会計学科卒。mensa会員。 不動産投資コンサルタント会社 株式会社ライフラリ代表。 不動産投資家でもあり、現在、収益不動産15棟を所有し、さらに拡大中。 自己の不動産投資体験とともに、年間数百名のお客様と会い、年間100棟以上の取引を通 じて得た経験を生かし、成功する投資家仲間を増やすという信念のもとに株式会社ライフラリを設立。 近年の不動産投資ブームが、本来実利とは異なるはずのキャッシュフローで生計を立てるという風潮にあることに不安を感じている。お客様の投資を失敗させず、10年後20年後のハッピーライフを実現させるために、メリットだけでなくリスクを分かりやすく伝えることをモットーとして活動している。

ふつうのサラリーマンがもっとハッピーになる不動産投資の授業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:単行本

単行本の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る