廣済堂出版

書籍検索
  1. home
  2. 単行本
  3. 神山プロジェクトという可能性

単行本

神山プロジェクトという可能性

~地方創生、循環の未来について~

著者名:
NPO法人グリーンバレー/信時正人
定価:
本体2000円+税
出版日:
2016/08/15
判型:
四六判
ISBN-13:
9784331520413
ジャンル:
経済・ビジネス

費者庁の地方移転業務試行も行われ、全国の自治体などから注目される徳島県神山町。人口6000人に満たないこの町で展開されているユニークな地方創生モデルの魅力を、キーマンの大南信也氏、サテライトオフィスを構える東京のIT企業、アーティスト、ビストロ・オーナー、15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2016年)で審査員特別表彰の建築家などの証言で明らかにしていきます。
これまでとは違う働き方、暮らし方、生き方のヒントが満載です。

第1章 神山プロジェクトを形作った人々
佐藤英雄(神山町商工会会長、NPO法人グリーンバレー理事)、森昌槻(NPO法人グリーンバレー副理事長)、岩丸潔(NPO法人グリーンバレー理事)

第2章 神山プロジェクトを推し進めた人々
須磨一清(SUMA主宰)、坂東幸輔(坂東幸輔建築設計事務所主宰)、伊藤暁(伊藤暁建築設計事務所主宰)、西村佳哲(リビングワールド代表)、トム・ヴィンセント(トノループ・ネットワークス代表)、寺田親弘(Sansan株式会社代表取締役社長)、隅田徹(株式会社プラットイーズ取締役会長)

第3章 神山プロジェクトの未来を担う人々
祁答院弘智(NPO法人グリーンバレー理事)、廣瀬圭治(NPO法人グリーンバレー理事)、齊藤郁子(「カフェ オニヴァ」オーナー)、長谷川浩代(「カフェ オニヴァ」シェフ)、栗栖良依(クリエイティブディレクター)、工藤桂子(NPO法人グリーンバレー職員)、あべさやか(アーティスト)、吉本光宏(ニッセイ基礎研究所研究理事)、後藤太一(リージョンワークス合同会社代表社員)、中西玲人(米国大使館文化担当官補佐)

対談
大南信也(NPO法人グリーンバレー理事長)
「価値観が常に揺さぶられる状態で、すごいヒントを毎日もらっとる」
信時正人(株式会社エックス都市研究所理事)
「神山に行くと、自分で頭を使い始める。どういう働き方をしようかって」

手届きのススメ ~あとがきにかえて~
大南信也

神山プロジェクトという可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍一覧:単行本

単行本の一覧へ戻る

ページのトップへ戻る